血しょうによる治療法

著者:muluroom

血しょうによる治療法

どうもむぅさんです、ニュースをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますけどついにあのコロナウィルスの有効性があるかもしれない治療法が日本でも承認となりました。

コロナウィルス抗体を持ち症状から回復した患者の血しょうを利用するという治療法が倫理委員会にて認可されました。これがウィルスに対する有効打となればいいですね。

ちなみにこの治療法は今月の15日内部の倫理委員会で実際の患者に使用するっ臨床研究が認可されている、という段階であり効果が実証されておりません、アメリカも緊急時以外の使用は認められておりません。

ちなみにコロナウィルスに対する効果が認められた特効薬は抗ウイルス薬のレムデシビルとステロイドのデキサメタゾンがあります。ニュースを見ている方はご存じですね?日本ではまだ承認されていない薬です。

では最後に回復血漿者治療法とは?簡潔に説明をしていきます、回復者血漿とは、特定の感染症から回復した人の血漿を指します。血漿とは、血液の中から赤血球・白血球・血小板などの血球成分を取り除いたものであり、この血漿の中にはウイルスなどの病原体を不活化する様々な抗体が含まれます。回復者血漿と一般的な血漿との最大の違いは、回復者血漿は特定の感染症(例えば新型コロナ)から回復したドナー(献血者)から得られることです。感染症から回復した人は、その感染症に対する抗体を有しているため、回復者から血漿を提供してもらい、これを新たに罹患した感染者に投与することで治療に役立てることができます。

上記はYahoo!news様より引用させていただきました。

個人的な推測ですがWHOが発表の通りにはならないとは思いますが日本国内での感染者は今後も増加して行くかと思われます、日本は海外のロックダウンの様な市民の行動制限を掛けておりませんから夜の繁華街での行動する人もいるでしょう、中には「自分には関係ないよな~」なんて言ってる人程感染している可能性もあるからです。

まだまだ未知の感染症なのにその様な思考を持つのはサメ映画で「俺はこんなところにいられっか!!」状態です、真っ先に咀嚼されるでしょう・・・。非常事態宣言の再発令こそされていない今だからこそ気を付けるべきなのかもしれませんよ?

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

PAGE TOP