アジャスタブルダンベル 商品紹介

著者:muluroom

アジャスタブルダンベル 商品紹介

では、実際の商品紹介をしていきます、今回はお値段がそれなりにしてしまうので必ず前回投稿した記事「アジャスタブルダンベル」の説明を見てから本記事を閲覧なさった方が賢明かと思われます。

では、今回の基準として。

・値段(安価なモノも紹介します。)

・重量変更できるバリエーション(細かく重量変更できるタイプだといいですよね。)

の、二つを基準にしてみました。ではいってみましょう~。

MRG 正規品 可変式 タンベル アジャスタブルダンベル 2.2~11.4kg 1.1~5.7kg 5段階調節 可変ダンベル [1年保証]

画像:Amazonより引用、出典:https://amzn.to/2GOFSzO

MRGさんよりアジャスタブルダンベルの紹介です。

このダンベルは2個セットで総重量11.4kgとまぁ「筋トレ結構やってる人からすれば物足りないんじゃない?」と、突っ込まれればそれまでなんですが。

エントリーモデルとしては悪くないかと思います。

重量の切り替えは・・・→1.1kg→2.3kg→3.4kg→4.5kg→5.7kg(片手の最大重量)と重さを変えられます。

最大で5kgですか、まぁ初心者向けって感じですね、メーカーの1年保証が付いているんで最初のウチは思いっきり使っても大丈夫でしょう(笑)、

この商品、見る限りシャフトグリップ内側にダイヤルが装着されてますので手を回して重量変更するモノだと思います、アレですよ昔乗ってたマウンテンバイクとかのギアをいじるのと同じフィーリングですね。

  • MRGより新しく「nondata」可変ダンベルが登場!! たった5秒で重さが変わる。ダンベルを回すだけで素早く重量が調整可能。
  • 重量範囲は2.2~11.4kgと1.1~5.7kgの2タイプ幅広く様々なレベルのトレーニングを実現。女性におすすめ。
  • これ1つで5段階の重量調整が可能。面倒なプレートの脱着が必要なくスムーズに重量が調整できるので手間もかからずすぐにトレーニングが可能。
  • グリップは汗で滑らないように凹凸の加工を施しています。ダイヤル数値は段階表示、コンパクトで台座付きなので、省スペースに収納可能で、床も傷つきにくい仕様。
  • 素材:プラスチック+スチール 付属品:日本語説明書

では肝心の価格ですけど12800円です・・・、ハッキリ言います自分ならこのダンベルはチョイスしませんね(自分で紹介してて何いうとんねん)

ただ、経済的に余裕があり、他の固定型とか可変式とかが嫌で「絶対アジャスタブルダンベルじゃないと無理!!」とか「初期投資はある程度かかっても利便性の高い器具ほしいんや!!」ってユーザーにはピッタリだと思いますよ。

では次に紹介するのは「私が欲しいアジャスタブルダンベル」です。え~こう言う事を書く記事で自分が欲しいモノを人様に紹介するのはアレかな~とは思ったんですけど、一応コメントとかもらえると嬉しいですww

出典:https://amzn.to/2F864oK

créerさんより15段階可変可能なアジャスタブルダンベルです、ですが類似品もあるんですねー、

4WD ダンベル 可変式 2.5kg – 24kg 2個セット 15段階調節 鉄アレイ ダンベルセット アジャスタブル 5秒で重量調節

違いがわかります?私にはわかりません・・・ほぼ同じ様にしか・・・。

ちなみにcréerさんをチョイスしたのは純粋に「価格の差」です、総重量も全く一緒、違うのはメーカー名くらい・・・なら安い方がいいですよね。

ちなみに15段階調整可能なので結構細かく調整できます最大重量は片手で24kg!!(めちゃしんどい・・・)二つ合わせて48kgですね、(運送屋さん息切れして運んできそう・・・)

写真の通りめちゃ細かく重量変えられますよ。

細かく変えられるので自身の成長とともに重量を変更できるのは凄くうれしいです、トレーニングする自分から言わせてもらうとこの手のモノは「ある程度無理な重量を買った方が」いいです。

何故かと言うとやはり筋肥大し、”扱える重量が増すウチに重量が足りなくなる”と言った事態にもなりかねますからある程度自身の成長予想を建ててから購入する事をすすめます。

あ~ちなみに、固定型や可変式と違い、ダンベルの「台座」が付属されてますので省スペースでトレーニングできます。

つまり、ダイヤル調整したら後は思うまま筋繊維をブチブチにちぎってくださいww

プレートは「台座」に残るので省スペースでコンパクトです。

余計なプレートなどが床に散らばってるとトレーニングに没頭できないでしょうからその点のメリットは多分に含んでいます。

では、肝心の価格ですが、21800円+3554円の送料です、ちなみに4wdさんのダンベルだと29800円で送料込みとなっています、créerさんのダンベルの方が2~3000円浮きますね。

どうでしたかね?、結構個人的に欲しいモノだったり中には使用経験のあるものも選んだ「ダンベルシリーズ」、ご要望があれば続編も記事にしてみようと思いますのでコメ欄にコメントお願いします。

以上。むぅさんのアジャスタブルダンベル紹介でした(やっぱ呼称が長い・・・

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

PAGE TOP