ワイヤレス充電器とは?

著者:muluroom

ワイヤレス充電器とは?

さて、長らく放置されてました「むぅさんのおもちゃ部屋」(おいッッ

充電器シリーズもいよいよ「ワイヤレス化」して行こうかなと思っております。そもそも現代のスマホ事情を鑑みると確かにケーブル充電はベターですが人によっては「いやいや、まだワイヤレス充電しとらんの?!」と、言われそうなんで、ワイヤレス充電器にも触れておきましょう。

そもそも、現代のスマホは大体iPhoneであれ、androidであれ、ワイヤレス充電に対応してるはずです、ならワイヤレス充電の魅力の説明をば。

ケーブルなど時代遅れ!?今は「ポン」っと乗っけるだけでOK!!

ワイヤレス充電とは・・・「ワイヤレス電力伝送」と言う仕組みでまるで電波の様に電力を飛ばす仕組みでスマホの充電する仕組みなんです、

飛ばす電力にも様々あり、マイクロ波方式、レーザー波方式、超音波方式なんて言う種類があります、例えばiPhone8以降のワイヤレス充電だと「電磁誘導方式」が採用されています。

電磁誘導方式では「WPC」という標準化団体が取り決めている国際規格「Qi」(チー)が知られています。iPhoneはQiに対応しています。下記よりは「ソフトバンクニュース様より」引用です。

どうしてケーブルなしで充電できるの? 充電パッドの仕組み

ワイヤレス充電はなぜケーブルなしで充電できるのか、それは「電磁誘導の原理」という呼ばれる仕組みが働いているんです。

【解説】なぜケーブルなしで充電できるの? スマホのワイヤレス充電の仕組み

1. 充電パッドの中には「送電用コイル」が入っています。電気を流すとこのコイルが反応して磁界(磁束)が発生して空気中に放出されます。ちなみに、電気が空気中に流れるのではなく、磁界が発生するので危険はありません。

【解説】なぜケーブルなしで充電できるの? スマホのワイヤレス充電の仕組み

2. 充電パッドに「受電用コイル」が入ったスマホを近づけます。スマホの中のコイルは空気中の磁界に反応して電力に変換します。

【解説】なぜケーブルなしで充電できるの? スマホのワイヤレス充電の仕組み

3. このとき誘導電流が発生し、その電力をバッテリーに蓄える仕組みです。

と、まぁ途中から訳わかんなくなりますよね・・・、ただ、このワイヤレス充電、ケーブル充電と比較した際にやはりデメリットもありますので記述していきましょう。

ワイヤレス充電のメリット

・パッドの上にスマートフォンを置くだけで充電出来る事。

・意外と他の機種も対応していたりする事。

・パッドの面積や大きさによっては複数台充電可能という事。

ポンと置くだけってのは楽でいいです。

ワイヤレス充電のデメリット

・ケーブルと比較するとやはり充電は遅い。

・充電されるパッドの位置がシビアだったりする。

・アクセサリーやケースによっては充電の妨げになる事。

やっぱ充電は遅いんですよね、便利な反面・・・。
やっぱりケーブルが一番!?

ワイヤレス充電に向いているシチュエーションを考えました。(自分が使うと想定してですw)

1、長時間スマホを触らない時など(就寝前)

2、入浴中など30~1時間くらいスマホを触る事がない時。

3、オフィスなどでケーブルを引っ張ってくるのが面倒な時。

以上の三つくらいでしょうか・・・思いついたのは、ただ人によっては選択肢はもっと多いかもしれませんね。

そう考えるとこのワイヤレス充電器、まだまだ改善の余地があるんじゃないでしょうか?、それこそ充電速度がケーブルと同等くらいになればケーブルの需要も少なくなると自分は思っていますので・・・。

以上、むぅさんのワイヤレス充電の説明でした。

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

PAGE TOP