WPCプロテイン おすすめ3選

著者:muluroom

WPCプロテイン おすすめ3選

おはようございます!!、プロテインまみれのむぅさんです。

前日2つの記事をピックアップしました、一つは「プロテインとは・・・?」と「WPIプロテインとWPCプロテインの違い。」が二つ目の記事でしたね。

では、今回は筆者があなたにおすすめする、「WPCプロテイン」の3選です。

コスパがいいので継続しやすいです。

ちなみにWPCとWPIの違いが判らなければ、WPCプロテインの乳糖作用でお腹を下す事もあるので、前回の記事にWPIとWPCの違いを記事にしてますから、まず先にそちらを見て下さいね。

では、まず一つ目のプロテインです。

出典:https://amzn.to/2HnY43W

ボディウィングさんのプロテインです、実際筆者はこれを飲んでいますが、何せ「コスパがいい!!」「味は薄味だがトレーニング後にはサクっと飲めていい!!」などと、このプロテインは少し薄味です、海外製のプロテインの「激甘ぁぁ~」と言った感じは一切ありません。

ちなみに製造は日本企業ですので安心して使用できます。以下に成分を引用します。

■製品24g(1食分)あたり
エネルギー・・・96kcal
たんばく質・・・18.6g(無水換算19.5g)
脂質・・・1.0g
炭水化物・・・2.3g
ナトリウム・・・50mg(食塩相当量0.13g)
カルシウム・・・96mg
ビタミンC・・・33mg
ビタミンB1・・・0.5mg
ビタミンB2・・・0.57mg
ビタミンB6・・・0.6mg
ビタミンB12・・・2.0μg
ナイアシン・・・4.3mg
パントテン酸・・・2.6mg

上記は一食分の成分表記ですね、一食分100カロリーないんでダイエット中の方でも問題ないんじゃないでしょうか、脂質も1gしかないです。

ただ、タンパク質は少し低いですね18・6gですから、20gは欲しい所。

このボディウィング(1kgx3つ)で5460円です、ちなみにkgで買えば大体の所は計量スプーンが付属されていますのでユーザー側が用意するのは「シェーカー」のみです。

やはり、WPC製法であるから少し独特の「臭み」は人によっては感じるでしょう、けど問題ありません!!「プロテインに慣れれば気にならなくなる」からですねww、むしろあのチーズ臭って慣れるとむしろ好きになるかもしれませんよ?

ちなみにこのボディウィングは「ナチュラル・バナナ・チョコミルク・カフェオレ・キャラメル・ヨーグルト」と色々種類がありますのでお好きなフレーバをどうぞ。

続いて二つ目のプロテインです。

出典:https://amzn.to/31jTj2g

前回の記事で私は言いました、「ザバスはコスパが高いからやめとけ!」と、確かに言いました、けどユーザーの中には「安心して飲める有名なメーカーのプロテインが良い!!」と一部需要がありそうだったのでこのザバスも一応紹介します。

このザバス、「やはり高い」です、1kgで4280円です・・・。ボディウィングと比較するとランニングコストは高い商品でしょうね・・・、成分表は下記に引用します。

スプーン3杯でタンパク質15gです。

え~、タンパク質は、「低い」です、最初に紹介したボディウィングは18・6gでこの「ザバス」はスプーン3杯で「15g」と・・・、上記の画像にはスプーン4杯で「20g」と記載されていますが、純粋にコストがかかるだけです。

プロテイン種類:WPC(ホエイプロテイン・コンセントレート:Whey Purotein Concentrate)

味:ココア味

内容量:1,071g(51食分)

カロリー:1食分(21g)当たり エネルギー 83kcal

特徴:理想とする筋肉のために。ホエイプロテイン使用。「4種類のビタミンB群+ビタミンC+ビタミンD」配合

原材料名:乳清たんぱく、ココアパウダー、植物油脂、デキストリン、食塩/乳化剤、香料、V.C、増粘剤(プルラン)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、V.B2、V.B6、V.B1、ナイアシン、V.D、(一部に乳成分・大豆を含む)

使用方法:水または牛乳200mlに付属のスプーン3杯(約21g)を溶かす。※スプーン一杯の目安はすりきりです。※水または牛乳に溶かした後は速やかにお飲みください。※溶かす飲み物の量は、お好みに応じて調整してください。(ハードにトレーニングされる方などに)水または牛乳200〜300mlに付属のスプーン4杯(約28g)を溶かす。※プロテインの摂取には個人差があります。スプーン3杯が多いと思われる方は量を減らしてください。

原材料に含まれるアレルギー物質:乳成分・大豆

原産国:日本

商品サイズ (幅×奥行×高さ) : 250mm×110mm×300mm

では、三つ目のプロテインです。

出典:https://amzn.to/34dIO2h

グロングさんのプロテインです、こちらも筆者は飲んだことのあるプロテインです、同シリーズに「抹茶味」なるものもありますがぶっちゃけ「甘い」です。

甘いのが苦手な方にはオススメしません、この「グロング」は日本企業ですので安心して使用いただけます、以下に成分表を引用します。

原材料名:乳清たんぱく(乳成分を含む)、ストロベリーパウダー/乳化剤(大豆由来)、甘味料(スクラロース)、V.C、香料、ナイアシン、抽出V.E、パントテン酸Ca、V.B1、V.Bs、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12 ●栄養成分(29g)当たり:エネルギー/118kcal、タンパク質/22.3g、脂質/2.1g、炭水化物/2.5g、食塩相当量/0.16g、ビタミンA/269μg、ビタミンD/1.76μg、ビタミンE/1.83mg、ビタミンB1/0.659mg、ビタミンB2/0.406mg、ナイアシン/3.77mg、ビタミンB6/0.458mg、ビタミンB12/0.835μg、葉酸/76.6μg、パントテン酸/1.82mg、ビタミンC/32.0mg ※推定値 ●アミノ酸スコア:100 ●その他:配送の時期により、お手元に到着する商品のパッケージが、ページ掲載の画像と異なる場合がございます。 ※本品製造工場では小麦、卵を含む製品を生産しています。

タンパク質含有量は20g越え!

やはり着目すべきはタンパク質が一食分にどれだけ含まれているか(含有量)の多さでしょう、このグロングのプロテインは「21g」含まれています。

ですけど少し「脂質が多い」ですかね、脂質2・1gですね、まぁ「ガッツリ運動する人」なら許容範囲だと思います、ちなみに筆者が何故「ストロベリー味」を勧めるのかと言うと、「運動後にプロテインを使用するユーザーには甘すぎるフレーバーは受け付けない人もいる」からですね。

ちなみにグロングのストロベリー味3kgで5780円です、6000円切って尚且つある程度のコストパフォーマンスが欲しいと言うユーザーには適当な商品かと思います。

どうでしたか?今回紹介させていただいたプロテインは全て筆者の飲んだ事のあるプロテインです、中にはもっといいプロテインあるぞ!って事もあるでしょうからこのシリーズは続けて行こうかなと思っております、

次回はWPI製品のプロテインについて紹介していこうかなと思ってます。

以上、むぅさんのWPCプロテイン紹介でした。

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

PAGE TOP