挑戦に対する「失敗」の考察

著者:muluroom

挑戦に対する「失敗」の考察

おはようございます、むぅさんです。

以前、自分はTwitterにて下記の様な愚痴っぽい呟きをしました、後日考えれば何も呟く必要性のないモノだったんですけど二行目に関しては本気です。

「挑戦する人間を笑うのは、自分が挑戦できないと自ら自白している。」

これに関してはかなりマジな考察で、「挑戦する人を嘲笑したり、軽視する様な人」👈の特徴として。

・自分が挑戦する事をためらっている。

・他人の評価が気になって仕方ないので、その線から先へ行けない。

・今まで仲良かった人たちから、自分を見る目が変わるのではないかと、その先の一歩が踏み出せない。

こんな精神状態に陥っているのではありませんか?、大丈夫です、誰もあなたを見ていませんし、誰もあなたがこれから取る行動・行為に関して滅茶苦茶気になって仕方がない・・・。なんて事もありません、最初のうちは。

「なりふりかまわず」👈これ大事だと思う。

目の前に進みたい道が一本あったとして、その道を進み続けるのは大変でしょう・・・、ましてや二足の草鞋を履いている状態なら尚更です。

筆者は「本業」「ブログ」「youtubeのゲーム実況」と三足の草鞋を履いていますが、今も何とかやっていけています、挑戦する事に「遅いなどありません」

例えばAさんとBさんがいたする。

Bさん:根暗でインドアな生活、ゲームするのが好きですでにyoutubeでゲーム実況を始めている、過去に知人・友人に「youtubeなんかで成功できるの?、」と言われたようだが、本人にはどうでも良かったので、気にせず本人のペースで動画を投稿している。

何事も「成功するかどうかなんてやってみなければわからない」

Bさんは突き抜けたライフスタイルを過ごされているのが分かりますよね?、「人は人、自分は自分、人の意見なんて知らない、自分は面白い動画を出すんだ!!」って意志の表れが見て取れます。





Aさん:根暗でインドアな生活、ゲームするのは好きで、最近youtubeでゲーム実況を始めようかなと思っているが、友人・知人に「youtubeなんて成功するはずがない!!、「やめとけ。」と言われて最近悩んでいる。

最近、筆者が昔からちょいちょい見てた、チャンネルがありました。

登録者数が、その時は1000人いってないくらいの「どう考えても成功とは言えない」チャンネルでした。

最近、また見たところ登録者数が5000人を超えていた様です・・・、どうです?、成功するかどうか?なんて思考の無駄だと思いませんか?。

そうではなくて、「どうやったら面白くできるか?、どうやったら視聴者に笑ってもらえるか?」👈こっちのほうが有意義な思考だと筆者は思いますね。

「できるの?」「無理でしょ」「無理無理」からは逃げましょう。

文頭のTwitterでも述べましたが、「できない」「無理」「無駄」などと言う人が世の中にはいますよね、まあ勿論、冗談まじりで言う分にはいいんですけど。

「それが本気で言っている人には要注意!!」です、知らず知らずのうちにあなたの人生の可能性を奪っている”言葉”です。

「十人十色」と言う言葉がある様に人間の生き方はそれぞれ違います、途中で辞めて別の生き方を見つけるのも人生なんですから、それに横槍入れる方が無粋と言うモノですよね。

一昔前は「転職するなど恥」でしたが今の時代「転職して当然」くらいになりました、世間体など気にしては生きていけません、あなたのやりたい様に生きるべきなんですから・・・。

以上、むぅさんでした。

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

PAGE TOP