Razer Kraken  ヘッドセットレビュー(使用後)

著者:muluroom

Razer Kraken  ヘッドセットレビュー(使用後)

こんにちは、むぅさんです。

私は今日こんなツイートをしました。

(Twitter誤字ってましたww)Amazonレビューでも評価は良いようです、youtubeでも同様です。

youtubeチャンネルでゲーム実況開設をしてから早2~3週間は経ったでしょうかね?、やはりゲームをするにはそれなりの「ヘッドセット」が必要になります。

普通にアクションゲームをするなら別に必要はないかと思うんですけど、最近私ロケットリーグもそうですけど「ゆっくり実況でDBD」やろうかな~と画策しております。

そのDBDってゲームもそうですけど、FPS・TPSなどと言ったシューティングゲームをする際にはヘッドセットは必ずと言って良いほど必要です。

ヘッドセットある、なしでは雲泥の差ですね。

TVスピーカーのみでやるデメリット

1:敵プレイヤーの足音が良く聞こえない事です、自分はシューティングゲームは苦手なのでやりませんが、敵の足音が聞こえると言う事は「相手位置の補足につながる」からです。

それこそ地獄耳でもない限りは相手プレイヤーの発した足音など感知する事はできないでしょう、【相手の場所が分かる】👈と言う事はそれだけで勝率を上げてくれますからね。

2:銃弾の発射音から敵位置を補足できない事、これはヘッドセットの質にも依ると思います、実際に銃声などで敵位置を補足する事も可能な為(よほど遠距離に居る場合は別。)やはりヘッドセットは使うべきでしょう。

ヘッドセットのデメリット

では、今度は逆にヘッドセットがある事についてのデメリットを上げて行きます。

1:モノによっては重いので長時間プレイが辛くなる(首・肩などに来るようです)、これは本当に商品の重量に依りますね、今回私が買った「レイザーのクラーケンのヘッドセット」👈は評価では重いようでしたが、

個人的には別にそこまで「重いな・・・」とは思いませんでした。

2:ノイズキャンセリングなどがあると周りの音が聞こえなくなる事、これはメリットとは逆なんですけど、例えば玄関のインターホンが鳴っても気づかない事もあると言う事、

例えば配達を頼んでいて時間指定できずに、ゲームをプレイしてたらポストに不在投票が入ってた・・・、って事になりかねます。

後は周囲の人間の声が聞き取れないくらいでしょうかね。

では、上記のデメリットを踏まえた上で今回購入したヘッドセットを紹介します。

出典:https://amzn.to/2JJdjFx

「Razer Kraken Black ゲーミングヘッドセット」です、グリーンとブラックがあるんですけど、シンプルに黒にしました。

接続はアナログですので「ワイヤレス ヘッドセットではありません。」価格も8900円ちょいですので個人的にはコスパは良い方だと思います。

結構、イヤーパッドは肉厚でしっかり耳に覆いかぶさりますよ。

装着した感じは「ガッシリしている」って感じでしょうか、多少頭を振っても落ちそうにありません。(まぁ、頭振る人なんていないだろうけど・・・。

イヤーパッドも肉厚で耳をしっかり覆いかぶさる感じです、先ほどDBD(デッドバイデイライト)を2~3時間プレイしてたんですけど、ちっとも「耳が痛くならなかった」👈これはいいですね、前の奴はパッドが薄くて耳が痛くなりました。

トップには「RAZERのロゴ」。ってか汚いカーペットですいません・・・。

後頭部をホールドするパッドも厚いです、使用した感じ「ヘッドセットがずれる」などと言った事は無いです、しっかりホールドしてくれます。

音量調整に関してはダイヤルタイプで調整できます、使ってみた感じ「余り音量を上げすぎると細かな音は聞き逃しそう・・・?」👈と言った感じですね。

実際にこれを付け、DBDをプレイしていると敵プレイヤーの位置が上下左右とクッキリ聞こえてきます、(まぁ、キルできるかどうかは別の話ですか(滝汗

最大のネックは「重量」です。

フィーリングなので個々人で違うでしょうけど装着した最初に思ったのは「少し重いかな~~?」と言う事。

首の細い女性や男性だと長時間のプレイは厳しいかもしれません、一応本体の重量は「322g」だそうです。同シリーズの「Razer Kraken X」は重量は「250g」だそうですから「72g程重い」ですね。

マイクは此処に収納。

私は基本的にVC(ボイスチャット)はしませんので使用頻度は低いと思いますが中には「いやいや、オンラインゲーム・FPSとかやるなら必須でしょ!!」と言われそうなので、一応紹介します。

上記の画像にもある通りマイクは収納されており、つまんで引っ張ると収納されていたマイクが出てくる仕組みになってますね、戻す時は逆に押し込んであげれば戻ります。

どうでしたか?、これからオンラインゲームなどでヘッドセットが必要になるかもしれない方にはお手頃な値段とパフォーマンスのヘッドセットではないでしょうか?。

以上、むぅさんのヘッドセット紹介でした。

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

PAGE TOP