dbd トラッパー地下吊り講座

著者:muluroom

dbd トラッパー地下吊り講座

こんにちは、むぅさんです、最近ハントレスと言うキャラクターのプレステージ3周目最大まで強化できましたww

さて、今回の本題ですが「トラッパーでサバイバーを地下吊りしちゃおう!!」と言う計画です、トラッパーにおける最大の長所「狭所では鯖は罠に掛かりやすい」と言う利点を生かしてBPを稼ぐ構成を考えてみます。

おすすめのパーク構成(BP稼ぎ構成)

バベチリ(バーベキュー&チリ):生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる。
・ 生存者が初めてフックに吊るされるたび、全ての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で(50/75/100)%まで。この効果は重複する。
・ 追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。

どんなキラーにもおなじみのバベチリです、BPを稼ぐと言う目的ならば入れない理由はありません、生存者(鯖)をフックに吊るすと40m以上離れた鯖は、オーラで可視化する事ができますが、地下吊り構成の場合だと余り恩恵は無いかと・・・、あくまでBP稼ぎのパークですんでww。

もし、ですけど「BPなんかいらんから手っ取り早く全殺したい・・・」なんて人にはバベチリの代用で「異形の祭壇」をチョイスするといいかと思います。

異形の祭壇:地下室のフックから以下のボーナスを得る。
・ エンティの進行速度が(3/6/9)%上昇する。
・ フックから抜け出す難易度が(5/10/15)%上昇する。
・ 抜け出すのに失敗した時のペナルティが(3/6/9)%増加する。

次いで地下吊り構成に必須となるのは運搬系パークです、正直地下から遠い場所でダウンを取ってしまうと、「地下まで運搬している最中に”もがき脱出される”」可能性がめっちゃ高いです。

そこで活躍するのが以下のパーク。

一つ目は興奮(アジテーション):生存者を運んでいる間の移動速度が(6/12/18)%上昇する。生存者を運んでいる間、脅威範囲が12メートル増加する。

これを付ける事によって「担ぎ中でも移動速度が上がり、地下到達するまでの時短になり、1発くらいなら肉壁排除もできるかもしれません。」

例え、地下吊り構成でなくとも、移動速度向上は「ダウン=担ぎ=フックに吊ると言う全体の流れが速くなる」ので普段使いでも採用してもいいかと思います。

二つ目は鋼の握力(鉄腕):生存者のもがく効果が75%減少する。抜け出すために必要な時間が(4/8/12)%増加する。

鉄腕を採用する理由は、地下から遠い場所でダウンを取っても、「純粋にもがき脱出までに掛かる時間を増やす」と言う意味で使えますよね、基本的には普段使いで、筆者は鉄腕を採用する事はほとんどないですかね・・・。

では、バベチリ・鉄腕・興奮と三つ選択しました、最後の一枠ですが正直お好みで構いませんが”一撃持ちがない”トラッパーに「狡猾の採用はしません」、狡猾の効果は以下の通り。

狡猾:(4/3/2)秒静止すると、再度動くかアクションを行うまで探知不可のステータス効果を得る。

最終盤のゲート開放後に無理救助が来て、その鯖が「ボロータイム」持ってたら正直地下から抜けられてしまいます・・・、なので狡猾を入れるよりもチェイス系のパークか他のパークを採用するべきかと・・・。

誰も死からは逃れられない(ノーワン):脱出ゲートが通電したとき、もし無力なトーテムがマップ上に残っていれば、この呪いが適用される。この呪いが発動中
・ 生存者が無防備効果に苦しむ
・ 移動速度が(2/3/4)%上昇する
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

まやかし:障害物を乗り越える速度が(5/10/15)%増加する。乗り越えを行うと、エンティティがその場所を(8/12/16)秒間封鎖する。同時に封鎖できる場所は1ヶ所のみ。封鎖は生存者のみ有効。パレットには効果が適用されない。

ノーワンを採用する理由は「トラッパーの決定力不足を補う為」、最終盤、通電ゲート開放後に一人でも多く吊る為ですね。

まやかしを採用する理由は、チェイス時間の時短です、「鯖を素早く確保して地下吊りにすれば少なからず発電機を回す手を止める鯖」は居ますので時間的優位性を取る事も重要ですよね。

では、パークはそろったところで、続いては「アドオン」です。

その前に、トラッパーで地下吊りをする際に筆者が重要視しているのは「小屋があるか、無いか」をまず見ます、大抵のステージは「小屋に地下室がありますが、ステージによっては屋内にそのまま地下室に繋がっている」ケースもありますのでその辺は要注意です。

どんなアドオンがいい?

正直、「血濡れコイル」以外のコイル系は採用しません、コイル系の主な効果として「罠に掛かった生存者が脱出するまでに掛かる時間が増える」と言ったモノですけど、正直、脱出される前に掴むか斬ればいいだけの事なので・・・。

それでは筆者が地下吊りの際に主に採用しているアドオン紹介です。

縫い合わされたバッグ

・トラバサミが2個マッチ開始時に追加される。
・トラバサミを持ち運べる個数が2個増加する。

トラッパーのバッグ

・トラバサミが1個マッチ開始時に追加される。
・トラバサミを持ち運べる個数が2個増加する。

マッチ開始から持ち運べる罠を増やせるバックアドオンですね、トラップ回収の時短となる為、地下吊り構成でなくとも採用する事は多いです。

砥石

・罠にかかった生存者が自力で脱出した場合、瀕死状態にする。

小屋地下吊りの救助に来た鯖が罠に掛かっている際、あるいはこちらが担ぎフックに直行している際でも自力脱出すると強制的にダウンが取れますので手間が省けます。

締め具

・トラバサミの設置速度がとてつもなく増加する。
・トラバサミからの救出および脱出速度がかなり増加する。
・トラバサミから脱出できる確率がそこそこ減少する。

設置用具

・トラバサミの設置速度がかなり増加する。
・トラバサミからの救出および脱出速度がそこそこ増加する。

罠設置速度上昇アドオンを採用する理由を語る前に、小屋がある地下室では基本的に「窓枠・パレット前・もう一方の出入り口に罠を設置するのがベター」なので、必ずその3点に設置をします。

三方を封じれば基本的に出入りするには「必ず罠を解除しなければ鯖は地下室に侵入できません」、解除したと言う通知は必ずキラーに来ますので、解除された罠を再度仕掛けなおして地下に侵入した鯖をダウンさせます。

その為にも”仕掛けなおしを速くする”アドオンを採用しています。

以上がむぅさんが普段地下吊りトラッパーで採用しているアドオンとパーク構成となります、これから地下吊りをやってみたいと言う方に参考になれば幸いです。

次回は動画を導入して分かりやすく説明できればなと思ってます。

以上、むぅさんの地下吊りトラッパー講座でした。

著者について

muluroom administrator

当サイトではガジェット・ツールなどの情報発信をマストとしております、最近移転しました、今後とも宜しくお願いします。 TwitterURL:https://twitter.com/home?lang=ja

1件のコメント

dbd トラッパー地下吊り講座 実践編(動画付き) | むぅさんのおもちゃ部屋投稿日:10:32 am - 1月 15, 2021

[…] dbd トラッパー地下吊り講座 地下吊りを良くする方には見知ったパーク構成だと思いますが・・・(汗 […]

コメントを残す

PAGE TOP